矯正治療あれこれ

茨城県  ひたちの矯正歯科医院
矯正治療について
 

〒300-1207
茨城県牛久市
ひたち野東2-13-33
TEL:029-875-8552

※土浦・つくば周辺で矯正歯科を
お考えの方も大歓迎。


時間
10:00

12:30
×
×

14:00

19:30

×
*
×

   休診日:日、月、祝日
   *土曜日は18:00まで

  リンク集
  プライバシーポリシー

矯正治療あれこれ

口臭について
歯列矯正中の、口臭に悩んでいる、または口臭が起こりやすいと聞いたことがあるけど本当?と思っている方も多いのではないでしょうか。

実際、歯列矯正中は矯正装置を装着していない状態に比べて口臭が起こりやすい口内環境になります。それは装置が入ることで汚れが溜まりやすくなったり、お口が開いた状態になるので口内が乾燥したりすることが原因です。

矯正治療をすると、誰にでも口臭が起こるということではありません。
安心して矯正治療を行えるよう、矯正中の口臭の原因と対処法について紹介します。

《矯正治療中はどうして口臭が起きやすいのか?》

▶︎一番の原因は、磨き残し

矯正装置が入ると、装置の周りを綺麗に磨いていても、どうしても磨き残しが残る場合があります。磨き残しは、ある特定の部位にばかり残り、その汚れがお口の中で何週間も残ってしまうことで、口臭の原因となります。

▶︎お口の中の傷や炎症

矯正治療中は、器具が歯茎や唇、頬などにあたり、傷を作りやすくなります。
口内炎がひどくなり、膿がでるような症状の場合は、膿からの匂いが口臭の原因になることもあります。

▶︎一時的な開口(お口が開いた状態)になるため

矯正治療中は歯並びを綺麗に整えるために、噛み合わせから変えていくこともあります。
また、前歯が突出している、いわゆる「出っ歯」の状態を矯正する場合や
噛み混みすぎている歯並びを矯正する場合は、一時的に噛み合わせが開いた状態を作るため
お口が開いている時間が長くなります。そうすると結果として、お口が乾燥する状態になり、口臭の原因となるのです。


口臭の予防には、正しい歯みがきが不可欠です。

《矯正治療中の歯みがきの仕方》

一般的な装置(ブラケット)が入っている場合は
矯正治療専用の歯ブラシを使うことで効率よく汚れを落とすことができます。

できるだけ、お口の中に汚れがたまっている状態を作らないためにも、食後は必ず歯磨きをしましょう。
また、間食もお口の中に残りやすい、クッキーやスナック菓子などを食べた時は歯磨きをすることをお勧めします。
そして、大切なのが夜寝る前の歯磨きです。寝ている時は、お口の中に唾液が少なくなります。
唾液が少ない状態で汚れがお口の中に残っていると口臭の原因につながりますので、夜寝る前の歯磨きは忘れずに行うことが口臭予防の近道です。

どうしても磨けない時は、うがい薬でうがいをするだけでも磨かないよりは口臭を防げます。

《矯正治療中の専用歯ブラシ》

矯正治療中に、装置の周りを効率よく磨くための専用ブラシがあります。

装置まわりの汚れを取り除くために毛は硬めなものが多いですが
歯が動いていて、痛みのある場合は毛が少し柔らかめの歯ブラシを選びましょう。
痛みもなくきれいに磨ことができます。
専用のやまぎりカットの歯ブラシで磨くことで装置の下に溜まった汚れをかき出してくれます。

装置周りの細い部分の汚れを取り除くには、ワンポイントブラシを使いましょう。

少し硬めの毛束で取りにくい汚れもきれいに磨くことができます。
磨きやすいように作られた山切りカットの1歯磨きブラシで
矯正装置にもひっかることなく効率よく磨くことができます。

《歯科医院でのケア》

矯正治療中は定期的に歯並びのチェックを行います。
その際に、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアで汚れをきれいに落とします。
自分では磨きにくい部位や、装置の隙間にたまった汚れもきれいにクリーニングをします。
同時に磨きにくい部位の磨き方の説明や虫歯、歯周病の予防方法のアドバイスも行います。
018.jpg 500×300 36K

矯正治療のゴールとは
grp1111085609.jpg 474×556 50K■当医院の目指す歯ならび、かみ合せ歯列矯正治療のゴールとは

私たちは患者様の幸せを第一に考え、高度な治療を効率よく行い、きれいな歯並びときれいな口元を伴った機能美、健康美を提供します。

・顔貌(がんぼう)について

「矯正治療は美しくするためだけの医療ではないが、美しく調和をとるための医療である」という理念のもと、口元の改善にもこだわりを持って治療を行います。
歯列の安定は軟組織(口腔周囲筋や舌)とのバランスがとれていることが条件であり、そのバランスが不安定であれば後戻りを引き起こす原因になります。
そのために舌突出癖がある場合はその改善を行い、矯正治療後に口唇の前突感が改善する事、また口を閉じた時と楽に開けた時の口元がほぼ同一である事を目標にします。

・ 正しい噛み合わせの評価について

ABO(The American Board of Orthodontics)の客観的評価基準を目標に矯正治療を行います。
1、 Alignment(配列)
前歯部の配列:上顎は口蓋側の連続性、下顎は唇側部の連続性を評価します。
臼歯部の配列:上顎は近遠心的中心溝、下顎は頬側咬頭の連続性を評価します。
2、 Marginal ridges(辺縁隆線)
臼歯の垂直的な位置づけの評価を行うための指標。歯や歯周組織の状態が健全な場合において隣接する歯は同じ高さかどうかを評価します。
3、 Buccolingual inclination(頬舌的傾斜)
上下顎歯列における歯の頬舌的な傾斜を評価します。
4、 Occlusal relationships(咬合関係)
上下顎歯列における犬歯、大臼歯関係鵯級を目標とし、その評価をします。
5、 Occlusal contacts(咬合接触)
機能咬頭(上顎臼歯の舌側咬頭、下顎臼歯の頬側咬頭)の接触を目標として、その評価をします。
6、 Overjet(オーバージェット)
前歯部は下顎切歯切縁が上顎切歯舌側面に接する事を目標として、その評価をします。
7、 Interproximal contacts(隣接面コンタクト)
咬合面観において歯列内の空隙の閉鎖を目標として、その評価をします。
8、 Root angulation(歯根の近遠心的傾斜)
歯根の平行性の確立を目標として、その評価をします。
grp1111094341.jpg 894×630 70K

・ 頭部X線規格写真を用いた評価について

治療後に個々の顎顔面形態の特徴に合わせた適正な前歯歯軸に改善する事を目標にします。
詳細なデータをもとにしたそれぞれの患者さんに合わせた治療ゴールの設定、シュミレーションを行い、明確な目標を定めて矯正治療を行います。
また生体の反応や骨格のコントロールの可否の確認のために、重ね合わせ(フィードバック)による評価も行います。
grp1111090353.jpg 894×683 105K

・ 機能的な評価について

顎関節や個々の歯にとって最善の噛み合わせを作ることを目標とし、矯正治療によって顎関節症の予防や改善を行います。

1、 顎位 咬頭嵌合位(こうとうかんごうい:よく噛める位置)と顆頭位(かとうい)である中心位(アゴにとって一番心地よい位置)の一致を目標として、その評価を行います。
悪い歯並びによりアゴにとって一番良い位置とよく噛める位置がズレがずれてしまうと、顎関節に負担がかかり続けます。
そのズレを矯正し咬頭嵌合位と中心位を一致させて顎関節症の予防や改善を行います。

2、 適正なガイド(下顎の側方運動、前方運動路)の確立を目標とし、その評価をします。
「咀嚼」はワニのように単純な蝶番運動のみではなく、モノをすり潰し、噛み砕いたりするので下顎を左右、前方向に動かします。
その際に上下の歯が接触をして下顎を左右、前方向へ動かしますが、顎関節や歯にとって理想的な誘導路が存在します。(例えば下アゴを右に動かす時は右の上下犬歯だけが当たり、他の歯が接触しない状態)

個々の骨格や歯の形態、欠損状況によって理想的な誘導路が変わりますが、矯正治療でその方に一番適した「誘導路」を作る事が可能です。
TMJ.jpg 871×582 94K

参考資料:矯正臨床の基礎(与五沢監修 与五沢研究会編著)

高額医療控除について
1. 医療費控除の概要

 自分自身や家族のために医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができます。
これを医療費控除といいます。

医療費控除は、所得金額から一定の金額を差し引くもので控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。
所得金額、税務等 個々の事情により異なりますのでご了承下さい。

2. 医療費控除の対象となる医療費の要件

a 納税者が、自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
b その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。

3. 医療費控除の対象となる金額

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万)です。
(実際に支払った医療費の合計額−イの金額)−ロの金額
 
イ 保険金などで補てんされる金額
(生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費・家族療養費・出産育児一時金など)

ロ 10万円  (注)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額

例)治療費、その他合わせて50万円。補てんされる金額無し、所得金額が200万円以上の場合

   (500,000―0)―100,000=400,000

これで、所得の税率が10%なら4万円、20%なら8万円が戻ってきます。

4. 控除を受けるための手続き

場所=税務署(申告書があり、説明もしてもらえます。)
必要な物=医療費の支出を証明する書類、例えば領収書(支払い証明書)
給与所得のある方は、給与所得の源泉徴収票

領収書を紛失された方は、支払い証明書をお出ししますので、受付にお申し
出下さい。また、成人の方で診断書が必要な方も同様にお申し出下さい。

国税庁ホームページ  http://www.nta.go.jp/

 

Copyright(C) ひたちの矯正歯科医院 All Right Reserved.